椿です。のんびりで徒然な毎日です。


by tsubaki_koharu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

戸籍についてのショッキングな話。


今日のお昼に何気なくYahoo!ニュースを見ていたら、ショッキングなことが載っていたので書いてみたいと思います。残念ながらハッピーなニュースじゃなくてごめんなさい。


行政の電子化は確か日本でワールドカップが行われた2002年頃からスタートしていたと記憶しています。それまで紙でしか管理しておらず、膨大な場所と莫大な人件費がかかっており、戸籍以外にも入札氏名参加などはとても面倒な手続きをしていました。それらがハイテク化により便利になるのは、とっても良い事だと思います。戸籍も、従来の縦書きではなく横書きになって見やすいのも有難い。でも、ひとつ問題がありました。それは、電子化以前に無くなった方は、電子化以降の際に名前が抹消されるのです。

電子化以前の戸籍には、例えば三兄弟の次男が幼くして亡くなった場合、名前に×が付く(それも失礼だとは思うけど)形で戸籍上に残りますね。つまりは、生きていた証にはなる訳です。でも新しく電子化に移行した場合、最初から次男はいないものとみなされます。家族の欄の長男の次に突然三男の名前が記される訳です。なんの承諾もなしに、いなかった扱いですよ。おかしいでしょう?


私の後輩で、1歳半で長女を亡くした夫婦がいます。社内恋愛だったので夫婦ともに面識があり、本人たちはもちろん、会社全体でショックを受けました。得意先も下請け業者も、みんな我がことのように悲しみにくれたのです。私にとっては初の後輩だったし、二人ともとても良い子なのでしばらく食事も出来ませんでした。当の親御さんである二人は、想像を絶するような悲しみだったと思います。それでも、二人で生活する間に次女が生まれ、先日は三女が生まれました。今ではだいぶ元気になったことと、次女と三女が長女の分まで元気にすくすく育っているのがとっても嬉しいです。今年三回忌でしたが、お誕生日も七五三もちゃーんと一緒にお祝いしているようです。今はお空の上だけど、大事な家族だからです。

私には子供がいないし、はっきりいって赤の他人だけど、その長女ちゃんの戸籍が抹消されるのはどうにも納得がいきません。あの夫婦がどれだけ辛い思いをして今元気に生活しているのかを思うと、子供を2回失うようなものだと思うからです。一体何様のつもりで抹消なのか?紙から電子化への移行というならば、内容全て移行するべきじゃぁないのか?


幼くしてわが子を亡くした親御さんたちの会「小さないのち」の会では、5/31に法務大臣に要請書を送付しています。10/29付けの回答書を見ると、要は出来ないとしかなく、全くもって遺族の心情が理解されていないように思います。電子化されても紙は80年の保管が義務付けられており、それで足りるでしょ?ということです。80年過ぎたら、もう証明するものは何もないのです。

私はほとんどTVを見ないのですが、この件については8/19放送の噂の東京マガジンでも特集を組んでいたそうなので、ご存知の方もいらっしゃるかと思います。こんなに大切なことを知らなかったなんて!!てっきり電子化されて便利になったー!とばかり思っていました。(ちなみに私の横浜市の戸籍はすでに電子化されています。以前済んでいた世田谷区もです)

先ほどまで知らなかったことにもショックで色々調べてみました。そしたら衆議院議員の加藤公一氏のブログでこのことを取り扱っていました。分かりやすく書いてあり、実際に意見書も提出されています。こういう人には、もっともっと頑張って欲しいと思いますし、もっとこのことを沢山の人に知って貰いたいと思います。ちなみに・・・すでに各市町村で電子化は70%完了しており、11/1日現在、全国1969市区町村のうち1387市区町村が電子化運用しているとのこと。
生きている人のいのちしか重要視しないなんて、絶対に間違ってると強く思います。
[PR]
by tsubaki_koharu | 2007-11-14 00:26 | 考える