椿です。のんびりで徒然な毎日です。


by tsubaki_koharu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

東京都庭園美術館deお散歩カメラ。


先週の土曜日の話ですが、以前sanaさんのとても素敵な展覧会でした!!記事を拝見して、絶対に行こう!と思っていたところへ出かけてきました。

f0126492_075892.jpg
ティファニー展。

目黒にある東京都庭園美術館で開催されていた「世界を魅了したティファニー 1837~2007」です。翌日が最終日ということもあって、会場は大混雑で賑やかでありました。このブローチ、大きなイエローダイアモンドの上にルビーの眼を持つ鳥さんが乗っかっています。これだけでも見に行きたいと思っていました。デザインや歴史についても色々興味深いことが書いてありましたが、あまりの人ごみに展示品を見るのがやっと!!もっと早く来るんだったー!!でも、太平洋戦争のさなかでプラチナなどの使用が禁止された中でも、豪華で鮮やかなジュエリーを作り続け今に伝えていることは、単純にすごいなぁと思いました。見に行けないあなた、ティファニーHPで少しばかり紹介してあるので見てみて下さいね。


f0126492_095736.jpg
東京都庭園美術館入り口。

こちらの美術館は、朝香宮邸として1933年に建てられたものをそのまま美術館として公開しているんだそうです。JR目黒駅から徒歩7分、首都高速2号と目黒通りに挟まれたかなり都会の場所にあるにも関わらず、庭園もあるし国立科学博物館付属自然教育園もお隣にあって、オアシスのような憩いの空間となっています。敷地内に日本庭園と西洋庭園があります。そんなに大きくはないのですが、素敵なお庭でしたよ。


f0126492_0102529.jpg
日本庭園。

西洋庭園も見てきましたけども、やっぱり日本庭園の方が落ち着きますねぇ。もみじ・梅・金木犀・百日紅と、沢山の植物がバランスよく配置されています。やっぱね、池が落ち着くんでしょうね。池に落ちたもみじの葉って、どうしてこんなに懐かしい気持ちになるんでしょう。実はこの画像のほかに人が写ってしまったものもありました。後でよーく見ると、金髪の爽やか好青年でした。狙った訳じゃぁないんですけど(笑)


f0126492_011689.jpg
池にかかる橋。

こういう橋や、小道を見ると思い出す歌があります。
せっかくなのでご紹介しましょう。


  「からたち野道」
   THE BOOM(1993年シングル)
 
   からたち野道
   花吹く小道
   泣いたらだめよと虫の音小唄
   からたち野道
   はるかな小道
   あの人のもとへと続く道




何か辛いことがあると、必ずこの歌を思い出します。からたちは、イバラの様な刺があり垣根に使われていた植物です。辛いことがあっても、この道が大好きなあの人のもとへと続くなら、困難も乗り越えられそうな気がしてきます。本当は反戦の意味をこめた悲しい歌らしいのですが、私はこれを聞くと前向きな気持ちになれます。宮沢和史さんの優しい歌声もホロリとさせて、大好きな歌なんです。良かったらコチラで聞いてみてください。童謡のような懐かしい感じがしますよ。

日本庭園でまったりしてすっかり楽しめました。Sanaさん、素敵な展覧会のご紹介ありがとうございました。次は毎回チケット貰っておきながらまだ行っていない目黒美術館あたりに行こうかと思います。Sさん、ごめーん近々必ず行きます(苦笑)
[PR]
by tsubaki_koharu | 2007-12-20 00:23 | 外出